<< 初心者講習会 | main | カレンダー2014 >>

競輪の未来

0
    今、競輪界で起きてる事に関して個人的な思いを書きたいと思います。

     
    事の始まりはこちら。現在の競輪界のトップ選手達が加入していた選手会を脱退するとの発表をしました。そして、それに対して選手会が取った対応がこちら。アクションを起こした選手全員の“除名”を今後行う方向であると発表。

     
    何がトップ選手たちを動かしたのか?それは“競輪”の未来への危機感だと思います。


    年間売上が2兆円に迫ろうとしていた業界が今や3分の1で下げ止まっていません。競輪場もドンドンと潰れていっています。それに伴い選手数も4500名から2700名を切るところまで来ています。競輪ファンの平均年齢も毎年上がり続けています。選手引退後、競輪観戦に競輪場に何度か行きましたが、場内に来られている競輪ファンの方は皆さん高齢の方ばかりでした。このままなら“競輪”の大幅縮小もしくは廃止は避ける事は出来ません。

     
    “競輪”がこのままでは危ない現状で何らかのテコ入れが必要なのでしょうが、遅々として話は進んでいきません。それに対する危機感に動かされトップ選手達がアクションを起こしたのだと私は感じています。

     
    彼らがまだ具体的な話をしている訳ではないですが、競技としての“ケイリン”を取り入れて行きたいとの事を言っています。これに関して“競輪”をすべて“ケイリン”にするかのような誤解を持たれている方が多いようですが、私はそうは感じませんでした。既存の競輪ファンに“競輪”ではなく“ケイリン”を押し付ける話ではないと思います。今の競輪は大ギア化が進み、ライン戦の中でそれぞれの選手が持ち味を出し辛くなってきています。今までの“競輪”の面白さが減少したと感じるファンの方も多いと思います。“競輪”と“ケイリン”をどちらも一つの枠組みの中で融合させようとした弊害だと思います。それなら思い切って“競輪”と“ケイリン”を分けてしまえば良いのではないか?いきなり理解するのが難しい“競輪”の入り口として“ケイリン”をしていったらどうだろうか?というような主張に感じています。とにかく“新しいファン層の獲得”は競輪界にとって急務なのです。

     
    これには私の今の立場からも大賛成です。私は現在、自転車競技(特にトラックレース)の普及を目指して関西トラックフェスタというシリーズ戦をしています。それには毎回100名ほどの自転車愛好家の方が参加されています。ですが、そのほとんどの方はおそらく競輪を生で見た事がない方達ばかりです。同じ自転車を使ってする競技が同じ競技場を使い行われているのに・・・こんなに勿体ないことはありません。愛好家の方たちが行っている同じルールでレースを行う事でそういった方達の関心を引く事が出来るのではないかと思います。競輪選手のレベルの高い走りを一般の競技者・愛好家の方達が見る機会があると言うのは自転車競技にとっても大きなプラスとなるでしょう。そして、そのレースの参加者の中に競輪選手やガールズケイリンの選手になりたいと言ってくれる子どもたちもいます。選手の育成という事だけではなく“競輪”という言葉を知ってくれている子どもが増えるという事は大切な事なのです。

     
    選手会から脱退する事無く中で役員等になり改革を進めて行くべきであるという意見も多くあると思います。まさにそれが正論です。私も現役時代、選手会制度に問題を多く感じていましたし選手会が競輪界の諸問題に対してネックになっている事も感じていました。そして、支部役員を経て本部総会に支部を代表して参加する為に副支部長にもなりました。でも、その時に感じたのは“この組織は中からは変える事が出来ない”という事でした。約60年かけて作り上げられた組織に洗脳され続けている選手の意識改革というのはコツコツとやっていて出来る話ではありません。

     
    そして、非常に怖いと感じるのは選手会の“除名”にしようという短絡的な考え方です。過去、犯罪を犯し競輪選手としての資格を失った選手がいましたがそんな人間でさえ“除名”にする事無く通常の“退会”で処理していました。今回の件で、競輪を統括するJKAは“レース出走に対して問題はない”との見解を示していますし、選手会批判というよりも競輪を何とかして盛り上げて行きたいという思いで動いた彼らに“除名”という判断をしてしまうシステムにそれこそ競輪界の改革に柔軟に対応できる思考能力があるとは感じれません。

     
    私は、今回のこの動きは競輪界を変える最後のチャンスだと感じています。“競輪”を守る為に“ケイリン”を取り入れ、今回の騒動すら知らないような人たちに競輪場に来てもらうようにならないと私が好きな“競輪”を守れないんです。だから彼らの今回の動きを応援していきたいと思っています。“競輪”はコンテンツとして最高のポテンシャルを持っていると信じています。競輪ファンの皆さんであればその魅力は理解して頂けると思います。まだまだやれる余地があるなら、やれるだけの事はやってもらいたいです。

    コメント
    山岸さん、丁寧にコメント頂きありがとうございます。キーワード「競輪の未来」でググってみたら出会えた偶然に感謝いたします。
    息子の進路については、本人の覚悟(モチベーション)が一番大事なので一切口出しはしませんが、やっぱり競輪人気が進化した形で再び若年層にも盛り上がることを期待して止みません。邪道かもしれませんがコミックの「オッズ」で競輪の事を勉強しました。ストーリーも面白かったですが、競輪学校の事やデビューしてからの事とか競技としての競輪の事が結構参考になりました。自分が息子なら迷わずチャレンジして受かるまであきらめないでしょう。多分息子も同じ事考えてるとおもいます。
    今は、競技としての競輪、競輪選手をとてもリスペクトしています。ですのでな、おさら競輪の面白さが一般の人達にもっと伝わったら良いのにと思います。

    ところで、そうなんですよ!もうすぐ選抜があります。スクラッチに出ます。決勝に残れるとよいのですが。なんせ今一年生なんで大きい大会は初出場です。メンタルは強い方なんで心配はしてませんがやっぱりドキドキします。ただ九州までは応援にいけません。遠くで応援するのみです。
    • みきお
    • 2015/03/09 9:40 PM
    >みきおさん、初めまして、私も高校・大学と自転車競技をしておりましたが、実際に「競輪」を見たのは大学生の時に一度だけでした。親も競輪の事は何も知らない状態でした。

    就職活動をする中で「自分がしてきた事や出来る事は何か?」という事を考えた時に「競輪選手として自分がどれだけやっていけるのか?チャレンジしたい」という思いが出てきて競輪選手になろうと決意しました。

    息子さんがトップを目指してチャレンジしたいという思いで競輪選手を目指されるのであれば、こんなに素晴らしい世界はないと思います。ゾクゾクするような真剣勝負の中に身を置ける事はそうそうあるとは思いません。もし、安定や高収入だとかを目指して競輪選手を目指すのであれば考え直された方が良いと思いますね。その程度のモチベーションではある程度のレベルから上では全く通用しなくなると思いますし、頑張る事が出来ないと思います。

    競輪場の運営方法等で問題点も多々ありますが、チャレンジするだけの価値はある世界だと思いますよ。チャレンジして限界を感じたり満足すれば、また違う道をその時に考えれば良いんじゃないでしょうか?

    息子さんが強豪校で競技に打ち込んでおられるという事ならば、間もなく選抜大会とかもあるのではないでしょうか?ドキドキもしますが楽しみですね。
    • やまぎし
    • 2015/03/01 12:45 AM
    はじめまして、息子が高校自転車部で毎日切磋琢磨しております。特にトラック競技の強豪校でロードよりもバンクに力を入れております。本人は
    卒業後、競輪選手を目指したい気持ちと競輪界の未来が不安なので他の進路を考えるべきか揺れ動いております。
    私自身はギャンブルは一切しませんので、息子のバンク練習を見学するまで場内に入った事もありませんでした。
    モータースポーツが好きな私は、その息子が夢見たプロのレーシングドライバーになることを目指してレーシングカートを本格的にやらせて来ました。野球やサッカーでプロを目指すのと同じ感覚で、本気で夢見てました。金銭的理由と将来の事を考えて中学卒業を機会にその道は諦めました。そして出会ったのが自転車競技です。今は、私も息子もこの競技に出会えて本当に良かったと思っています。そして、全てのプロの選手の偉大さ(力だけではありません。摂生やケアを含めた体調管理、日々のトレーニング、家族をそれで養ってる事など)を痛感しております。息子が人生を競輪に捧ぐならそれも充実した人生になるだろうと賛成です。
    しかし、ハードとしての競輪場は昭和の遺産の様な雰囲気が否めないと感じています。
    モータースポーツの世界も課題は山積みですが、ファンを楽しませる工夫をJAF、サーキット、自動車メーカー、チーム、ドライバーが連携して盛り上げる努力をしています。サーキットにはファミリー、若年層を取り込む工夫のひとつとしてファン感謝デーを設けたり、施設内にメジャーなファーストフード店に出店して貰ったりしています。
    競輪もアスリートとして選手の個性を前面に出して、その応援者として来場してレースを楽しんでもらう層、健全なギャンブルとして楽しんでもらう層が共存出来る雰囲気が出来たら良いなぁと思います。ファミリーやカップルでも楽しめる場になって欲しいです。
    あと、これもモータースポーツからの引用になりますが、自動車メーカーですらレースを続けることは株主意見や費用対効果の観点で100パーセント自己資金では参戦出来ません。ですから、スポンサーを募っています。サーキットも施設のあちこちにスポンサーの看板があります。ドライバーも個人スポンサーを募ってメーカー契約金に上乗せして生計を立てています。そのどれもがレース観戦というコンテンツが集客力あってこそスポンサーがついてくれる訳です。
    競輪界も競輪場に地域企業の看板が一杯設置されて選手に個人スポンサーが賞金とは別に契約金を支給してくれ、地元選手の応援に市民が応援ユニホームをきて旗を振り回す様な景色が実現していったら良いなぁと思っています。
    JKA、選手会、選手、既存のファンの方達、皆の意識が同じ方向を向いて少しずつ出来ることから改革していけたら必ず新しい競輪界になっていくと信じたいです。
    • みきお
    • 2015/02/17 12:24 AM
    豊岡選手は退職金をもらえてよかったなんて書いてませんよ。
    • よこちん
    • 2014/01/29 6:54 PM
    >山岸正教さん

    今晩は(^-^*)/ 長文の返信コメントありがとうございます

    私も低空飛行ながら選手を23年程やりました。奈良や広島が廃止の危機なのも知っています。奈良競輪は、この開催で何億以上の売り上げが無ければ廃止決定の時もありましたね。それを競輪好きな競馬のメディアの方がブログで「投資して下さい!」と呼びかけていたのも知っています。

    “憩いの場”が無くなったら、近くの浜名湖競艇や浜松オートに行くのではないでしょうか、別に競輪でなくても良いような気がする。それか名古屋競輪まで行きますかね(笑)

    競輪場を残す事は、インターハイや国体等で使われるからある程度は残るのでは無いのですか?競馬場みたいに取り壊しには、ならないのでは・・・
    オリンピック、自転車競技、競輪の大きな違いは競輪はスポーツの要素を含んではいるがギャンブルです。オリンピックで金メダルを取ろうが、一時的な事ではないでしょうか?フェンシングでメダルを取ったが(生で見ていたが感動した)、それからメディアでフェンシングがTV中継されるようになりましたか?TV放送されるのは、水泳、柔道、陸上、卓球、バレーボール、フィギュアスケートくらいでしょう。
    自転車競技は日本ではマイナーなスポーツですよね、オリンピックで自転車競技を見ても興味の無い方は、まったく面白くないと思います。ツール・ド・フランスの日本人選手 新城(あらしろ)幸也選手の事をランダムに100人の人に聞いて、何人が知っていると思いますか?きっと、10人もいないでしょう。競輪を守る為に2016年、2020年のオリンピックって言っていては、その間に競輪は潰れると思います。

    ケイリンよりも、1周(400m)や1週半(600m)でハンデ戦レースやったほうが、よっぽど面白いと思います。ハンデはオートレースのようにスタートの距離ハンデで・・・(ふと思いつきました(笑)ゴール前横一線www

    自転車競技が、純粋なスポーツならばケイリンはギャンブルにすべきでは無いのでは無いですか?予想する要素が少な過ぎて面白くないのです。競艇なら展示タイム、モーター、ボート、スタート力、技術、コースと色々な考える要素があります。オートレースも競馬もしかりです。

    コメントも全て詠みましたが、『豊岡選手が選手会費が高く先に退職金もらえてよかった』と・・・
    それは、本音だから残念がる事なんて無いです。
    数年前に教員の退職金減額目前で教員の駆け込み退職なんてありましたよね。1円でも多くお金を貰いたい!誰もがそう思います。
    だから、23名の選手が日本競輪選手会を脱退なら、退職金も貰うんだろう と悪いけど推測しちゃうでしょう(笑)
    退職金を貰って選手を続けるって・・・おかしいでしょ。
    だから、競輪の事を本当に思っているのならば、やり方が間違っていると思いました。彼らの車券を買う買わないは、レースを見た上で考えますね。

    長々と長文で申し訳ありませんでした。
    ブログを拝見致しましたが、自転車、お好きなんですね(^_-)☆
    競輪界が良い方向に向かう事を願うばかりです。
    >深谷和司さん
    初めまして、コメントありがとうございます。
    ブログ拝見させていただきました。

    まず、全国で競輪場がなくなって来ている現状があります。私が練習をしていた向日町競輪場もいつ廃止になるか判りませんし、奈良や広島などはもう議会でも検討に入っている段階です。他にもいつ廃止になってもおかしくない競輪場は全国にたくさんあります。

    競輪ファンの方々の平均年齢も年々上昇していっています。新しいファンが増えていない証拠です。

    深谷さんが言われる“憩いの場”としての競輪場が無くなったらご高齢の競輪ファンはどこに行けばいいのでしょうか?

    競輪場を残す事もとても大切なのです。その為には競輪場の“自転車競技場”としての一面を出して行かないといけないです。自転車競技者を含めた地域住民の福利厚生施設としての存在価値をアピールしていく必要があります。

    そして自転車競技を盛り上げる為にオリンピックで日本選手が活躍するというのは非常に大切な事だと思います。一見、競輪と自転車競技・オリンピックは関係が無さそうではあるのですが、競輪を守る為にはそれらの普及・強化は非常に重要だと思います。

    また今の選手会を解散させる事を目的としていたとは感じないので多数派工作をすることも考えていなかったと思います。なので本当に身近にいる選手にだけ話をしていたのだと思います。

    今回、いろいろなご意見をお聞かせ頂く中で私なりの見解をコメントとしても書かせていただいております。そちらも合わせて目を通して頂きたいと思います。

    今回の一件で、深谷さんが23名の車券を買わないと決められた事に対しては彼らがこれから自らの走りで競輪に対する誠意を示していくしかないと思います。もし、彼らの今後の走りを見て競輪に対する熱い思いを感じる事があれば、また彼らの車券をご購入して頂きたく思います。
    • やまぎし
    • 2014/01/25 1:43 AM
    はじめまして今晩は!

    私はこう思いました。
    http://ameblo.jp/chari123/entry-11757063155.html
    このままでは、競輪は終わります...
    >しがないチャリ吉さん
    彼らが問題提議してくれた事を選手会・競輪界はシッカリと受け止めて競輪の将来について真剣に話し合って貰いたいと思います。
    • やまぎし
    • 2014/01/22 3:08 PM
    >競輪初心者さん
    私も、なんで?というのが正直な所です。SS11の選手達もそれ相当の覚悟を持って行動していたと思うので、謝罪・撤回からの受入の一連の動きはこの問題を収束させる為に何らかの動きがあったんだろうなと感じています。

    選手会が主張していた“共済制度”ですが、私はもう破たんするのが判っている状況だと現役時代から思っていました。日本の年金制度と同じですね。そのつぶれると判っている制度の改革を選手会が実行できるとは思いません。目先の数年間で退職するであろう選手達が支部の役員や本部理事に大多数いる中で自分たちの給付を減らす改革を出来るとは思わないからです。今までもそうでした。問題を自分たちが辞めた後に先送りしてきたツケですね。その責任は今の若い選手達が払わされる事になります。

    制度自体は非常にありがたい大切な制度だと思います。なので、制度自体を“残す”もしくは代替制度(民間の保険を利用する等)事を最優先に考えて若い選手達が安心できる制度であってほしいと願います。

    >競輪ファンさん
    豊岡選手のブログは判りませんが、もし本当なら残念な発言ですね。私は彼らが全体(ファン・競輪界・選手)の利益を考えての行動であったと信じています。

    もしSS11が今の選手会を潰してしまおうと考えていたのであれば、数の理論でもっと多くの選手を巻き込んでいたと思います(それは彼らであれば十分に可能でした)。しかし、彼らはそれをしなかった。既存の選手会との共存していく中で既存の選手会ではやれない動きをやって競輪界を盛り上げたいという事であったと思います。それで競輪の人気・売上が上がればそれは既存の選手会に属する選手達とも分かちあえる。もし失敗しても最小限の犠牲(SS11)で済むと考えたのだと思います。

    既存の選手会を残す事でここ数年で退職するであろう選手達の既得権益をある程度守りながら、将来的に払い損となるであろう若い選手達の受け皿として新選手会を構築出来れば、将来的には選手会の統合を経てスムーズな制度移管が出来たと思います。

    その問題よりもまずは“競輪”が今後も存在し続ける事が重要で、それに向けて改革をしたいという思いが一番であると思います。

    私は彼ら以上に競輪界の今後について建設的な話し合いをして来た選手はそうはいないと思っています。彼らは選手会の役員ではないかも知れませんが選手会執行部を含め関係者との話し合い議論を持つ場はかなり多く存在していたと感じます。その上でトップに立つ者の責任として全体を見ての行動であったと思います。
    • やまぎし
    • 2014/01/22 2:55 PM
    今回の脱会宣言→謝罪は予想通りでした。

    やり方にも問題もあったし…

    ただ京都のメンバーは競輪に真摯に向き合い取り組んでる筋の通った連中だから本人達も無念でしょう。私も予想してたけどショックです。

    京都の五人の処分も気になります。博幸が見てる藤木に常々レースで妥協しない静かに燃える山田久徳…。藤木に見てもらい腐りかけから復調の千加頼…

    京都の選手は普段の積み重ねをレースで魅せる男達が揃ってます。

    でも…非情ですよね。競輪を思えばこその人間が悪者扱いされるのが辛いです…

    この騒動がただの失敗クーデター騒ぎで終わらず選手会も少しでも改善した競輪界を次代へ紡ぐ役割をはたして欲しいです。

    山岸さんのような引退しても業界を気にかけるOBの方も今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
    • しがないチャリ吉
    • 2014/01/22 6:30 AM
    すばやい返答ありがとうございます。

    上でやまぎしさんと競輪ファンさんが書いてたの見て意見です。

    SS11に移籍発表した豊岡選手が選手会費が高く先に退職金もらえてよかったとブログに書いてましたが・・・(今は削除されてます)まさにSS11側が残りの人のこと切り捨てたのではないですか?このブログ見てSS11は金かって思ってしまいました。
    • 競輪ファン
    • 2014/01/21 5:51 PM
    初めて書き込みさせていただきます。

    輪界の事情がわからないので、質問させてください。

    今回、SS11の方々はなぜ謝罪をして脱会届を撤回したのでしょう? 自分たちが改革をする、という、大いなる意思の元、脱会したように思えましたが……。

    また、やまぎしさんがおっしゃる、若い選手たちが選手会に切り捨てられる、とは、どういうことなのでしょうか。

    ご教授いただければ幸いです。
    • 競輪初心者
    • 2014/01/21 4:40 PM
    >競輪ファンさん
    今後(近いうちに)競輪ファンの方々に対してお騒がせした事に対してのアクションは必要かな?と思います。それは仮に今回の動きが上手くいったとしても必要な事だったとは思いますね。

    まだ選手会の中でも議論は続いてる状態だと思うのでもう少し時間はかかるのではないでしょうか?

    まだ速報しか出てない状況なので何とも。。。

    ただ、10年後も選手を続けているであろう若い選手達は選手会に“切り捨てられている”事に気づき良く考えて貰いたいと思います。
    • やまぎし
    • 2014/01/21 1:23 PM
    今回の騒ぎを起こした23人はきちんと謝罪するべだとおもいますが、どう思いますか?

    もういい年した大人が記者会見までして騒ぎを起こして結末はダンマリではお粗末だと思うのですが・・・・

    よければ意見聞かせていただけませんか?
    • 競輪ファン
    • 2014/01/21 11:46 AM
    >林さん
    私もまだ“謝罪”“撤回”の一報だけで、詳細が判りません。水面下で様々な動きがあったと想像出来ますが、続報を待ちたいですね。

    残念で仕方ないです。

    ただ競輪を守る為には早急に改革が必要であることを示した事に間違いはなかったと思います。

    • やまぎし
    • 2014/01/21 12:43 AM
    SS11を母体とした新選手会への移籍を企図した村上義弘(京都)、武田豊樹(茨城)、長塚智広(茨城)、平原康多(埼玉)ら23選手が、一連の行為について同会に対して謝罪するとともに、退会届を撤回したことを発表した。

    結局なんだったんでしょうか?
    • 2014/01/20 11:48 PM
    >林さん
    林さんのご指摘通りだと思います。全国でバラバラで統一感のない運営、インフォメーション不足、宣伝広報、等々。

    脚力差が勝敗を決める大きな要素ではありますが、その差を如何にして埋め勝とうとするのかが“競技”であると考えます。“ケイリン”においても展開や位置取りは非常に重要ですし、脚力差を逆転する事だって多々起こり得ます。そこには新しい楽しみ方が生まれるのではないでしょうか?

    今、“競輪”の魅力をご理解して頂いている方々が年々減少していっている事実に対してなんらかのアクションが必要であろうというのは間違いがないと思います。

    私が競輪学校を受験した時、受験者数は1300名いました。現在はどうでしょう400名ほどです。他競技からの移籍者を探すのも良いでしょうがやはり自転車競技者を増やす事は大切です。それらの事も含めて“ケイリン”を一部取り入れる事が良いのではないかと思うわけです。

    ちょっとまとまりない文章でもうしわけないのですが、“競輪”の魅力を否定してるわけではありません。プラスアルファとして“ケイリン”もどうでしょうか?という話だと思うのです。
    • やまぎし
    • 2014/01/18 1:06 AM
    やまぎしさんへ
    競輪関係者というお立場からは車券を買うのをやめましょうとは言いにくいことだと思いましたのでお先にコメントさせていただきました。
    やまぎしさんもおっしゃるように、ファンの不幸を願う競輪界であってはならないと思います。
    ファンの熱狂への配慮が不十分なために革新都政によって後楽園競輪は廃止されたのですから。
    これからさらに国民の貧富の差が拡大する傾向にあるので革新地方自治体も増えてくると思います。
    そうなると今まで以上に競輪界は施行に配慮し、社会と良好な関係を築かなければなりません。
    そうであっても、若年層のファン拡大だけは放棄してはなりません。
    ファンを不幸にしない健全化策にも腐心し、社会に理解を頂いた上で若年ファン拡大に努めるべきです。
    • 四ツ木
    • 2014/01/17 7:13 AM
    続きです。
    メダルを獲れば宣伝にはなると思いますが、車券を買いたいかどうかは別の問題だと思います。
    トラック競技者が多いのに車券を買わないのはルールが違うからではないと思うんです。
    逆にトラックで競技をしてたら買えなくなると思います。脚があれば勝てますが、そうでなければ弱い選手は絶対に勝てませんから!そこに競輪の魅力があるんだと思います。
    選手の皆さんは頑張ってると思います。問題は魅せ方だと思います。長々失礼しました。
    • 2014/01/16 9:01 PM
    競輪歴3年30代です。
    シドニーでも北京でもオリンピックでメダルを獲ったのに衰退してしまった理由は何なのかは気になるところです。
    競馬や競艇は初心者向けのインフォメーションがすごく充実してると思います。
    それは本場でも場外でも同じだと思います。
    競輪は自治体によって運営のしかたが違いすぎて問題はそこにある気がします。
    競輪場の老朽化以前に初心者を受け入れにくい雰囲気を作り出している気がします。
    選手は頑張っていると思いますし、競輪という素晴らしいコンテンツを生かし切れてないと思います。
    本場ではせいぜい2場、場外車券場(サテライトやラピスタ等)でもせいぜいMAX4場しか売ってませんし、場外車券場でも顧客を増やす努力はあまり感じられません。
    競馬なら週末には開催していますし、広告などでそれを知ることができる。競艇は競輪と同じスタンスで開催していますが、スポーツ紙の扱いが全然違います。
    競輪は自治体が各自で運営していてバラバラな
    ために集中して宣伝できていないと思います。
    • 2014/01/16 8:56 PM
    >四ツ木さん
    コメントありがとうございました。

    先のふーさんのコメントを読ませて頂き、どのようにお答えするのが良いのか考えておりました。

    私も四ツ木さんのご意見に賛成です。辞めたくても辞めれない・・・そういう状態であれば治療が必要であると思います。病院によってはギャンブル依存外来を設置している病院も全国にはあるようです。
    • やまぎし
    • 2014/01/16 6:23 PM
    >ふーさん
    人生をやり直したいという事でしたら、一刻も早くネット投票の会員を辞めてギャンブル依存から立ち直られる事をお勧めいたします。

    競輪界もご家族に迷惑をかけてしまうまでのめり込んでしまうお客様を望んではいないと思います。
    • やまぎし
    • 2014/01/16 6:12 PM
    ふーさんへ
    なんとも重すぎる懺悔を拝見し言葉が見当たらなかったのですが、私なりのアドバイスをいたします。
    まず、ご自身の競輪狂を異常事態であると自覚されていることはとても大切です。
    節度を持ってギャンブルを嗜むことはできない病気なのだと自覚されるべきです。
    年金暮らしで大きく張れないファンも身の丈にあった小銭で遊ぶわけですが、それでは我慢できないのならば病気であると自覚すべきなのです。
    したがって、この際競輪でお金をかけるのをやめてみたらどうでしょう。

    パチンコ依存症が多い背景には駅前至るところに店舗があり、いつでも手軽に遊戯できることがあります。
    まず、手軽に投票できる電話ネット投票を解約するのです。
    そしてお金を掛けずに予想してみたらどうでしょうか。あるいはきっぱり競輪をやめたほうがいいのかもしれませんけど。

    惜しむらくはあなたと運命をともにされ、あなたと皆の心配をされたご家族がさぞ諌言してくれたであろうことに耳を貸さなかったことです。
    今後も社会と関わりを持ち、家族同様とまではいきませんでしょうけど、ある程度あなたを心配してくれる人との親交を保ち、諌言は真摯に受け止めましょう。孤独になるのは危険です。
    • 四ツ木
    • 2014/01/16 5:12 AM
    私は競輪バカです。
    もうかれこれ30年以上打ち続けています。
    今はネット投票が殆どですが、口座の金がなくなるまで勝負してしまいます。
    ナイターの最終まで金があれば打ち続けます。
    年間4~5百万として、1.5億は競輪に使っていると思います。
    何度止めようと思ったことか。
    何度最初の1万円で止めようと思っとことか。
    結果、家族は崩壊し、老後の金もなく、人生の負け組になってしまいました。
    しかし、こんなバカが今まで競輪を支えて来たんだと思います。
    新たなバカが増える見込みは少ないでしょう。
    後は私みたいなバカを飼い続けるしか競輪の未来はありません。
    競輪でメシが喰えるなら、誰にも迷惑をかけず、人を騙す訳でもなく、泣かす訳でもなく、国のためにもなると自分に言い聞かせて来ました。
    でもそれは幻想でした。
    結局負けてしまうんです。
    競輪の未来を存続させるということは、私みたいなバカから搾取していかなければなりません。
    私自身の未来がありません(笑)
    仕事として考えると、人の不幸の上に成り立っている商売です。
    無くなった方がいいのではと、思った事はありませんか?
    私はバカなんで、死ぬまで競輪を愛し続けるでしょう。
    今の若い子に、そんなバカになって欲しくはありません。
    このまま全てのギャンブルが無くなってしまえばいいのにと思っています。
    人生やり直したいです。




    • ふー
    • 2014/01/15 4:03 AM
    >しいたけさん
    やり方に対して違和感を感じる方がおられるのは理解できますが、選手会の本部総会に支部代表として出席していた身としては、こうでもしないと改革はできないだろう、という思いが非常に強いです。

    選手会が二つある事が何故いけないのかがあまりピンとこないんですよね。公務員の労働組合でも複数あったりしますよね。(競輪選手会は労働組合ではないんですけども)

    最終的に“良かった”と思える方向に向いて欲しいと願います。
    • やまぎし
    • 2014/01/11 1:42 PM
    未来の競輪の為、未来の自転車競技の為、未来の地方都市の財政の為、頑張ってもらいたいです。

    しゃーかて、やりかたがね…


    残念です。
    • しいたけ
    • 2014/01/11 11:06 AM
    >hiroさん
    競輪が存続し続けること、そして幅広い年齢層の方がいろんな楽しみ方を出来る競輪になっていって欲しいですね。そう願うばかりです。
    • やまぎし
    • 2014/01/06 4:15 PM
    いま競輪は存続の岐路に立たされていると思っています。もし、近い将来競輪が休止や全廃した時、いまの競輪を支えている高齢者ファンの居場所が失います。一刻でも早く選手会の問題を解決してもらいたい。その後に、ファンサービスなどの改革を行い、長く楽しめる競輪に生まれ変わって欲しいと願うばかりです。
    • hiro
    • 2014/01/06 7:12 AM
    >河内の競輪ファンさん
    ドリンクは1着になった選手が他8選手に配る習わしがあるのですが、絶対に飲まない選手もいますし、受け取ってもその場に置いておく選手もいます。負けて手にするモノなので勝負師としてのゲン担ぎの部分もあるかと思います。

    普段通りの景色を書き手の方がどのように見るのかで記事の内容は変わります。ドリンクの話も“〜との事・・・”という書き方で実際に見聞きした話ではなさそうですね。

    競輪にもっと若い方に関心を持ってもらい、末永く楽しんでもらえるようになれば良いですね。
    • やまぎし
    • 2014/01/04 11:47 PM
    いつもTwitter、ブログ拝見させていただいています、まだ29ですが競輪を戦いとして非常に魅力が有るものだと感じ、観戦しているだけに今の売り上げ低迷、廃止問題は残念以外にありません。それだけに新選手会には期待しています。
    ただ先日コンドル新聞武田氏のブログで分裂が原因で川村晃司選手に給水を拒否した選手もいた、という内容があり、非常に怒りを覚えました。
    選手の礼のなさ選手会の洗脳とはそんなに酷いものなのでしょうか?
    • 河内の競輪ファン
    • 2014/01/04 10:24 PM
    >池尻さん
    ご無沙汰しております。

    私も今後の成り行きを見守るしかできませんが、競輪界が少しでも明るい方向へ向かう事を願っております。

    選手の皆さんには10年後、20年後の競輪の事を想像し考えて頂きたいと思います。

    皆さんの走りを外から応援させて頂いております。頑張ってください。
    • やまぎし
    • 2014/01/04 2:38 AM
    山岸さん、お久しぶりです

    現役退いた方がこれだけ競輪界を理解しているのに、現役が理解してないのは、やはり社会を知らないって事なのかな…
    要するに世間知らず

    山岸さんが引退する時に、これからの競輪界に必要な人間は真っ先に離れていくねって話した事ありました
    私はだらだらと今までやってしまいましたが、今回のSSイレブンの成り行きと執行部の対応を見てから引退ですね

    • 池尻浩一
    • 2014/01/03 7:32 AM
    >元選手さん
    右肩下がりで売上減少が止まらない状態で何とか新しい切り口でファン層の新規開拓を行って行こうとする事と下位選手を切り捨てする事とは方向性が真逆だと思います。

    下位選手を切り捨てていく事に対して無策なのは今の選手会ではないですか?現にここ数年でかなりの選手がへりました。仮に競輪場が1場なくなれば、単純に約100名の選手が不要になります。その時、切られるのは下位選手からですね。

    そのような事を彼らが言ってるのを直接お聞きになられた事があるのでしょうか?そういう事をおっしゃる方が多いのですが、私は直接聞いた事がありません。競輪を盛り上げて行かない事には選手数を維持していく事は不可能なのはご理解して頂けると思います。
    • やまぎし
    • 2014/01/02 6:07 PM
    選手会の中には下位選手を切り捨てる考えだと勘違いしてる人達もいるようですが
    この考えもった人たちがSS11でないですか?
    村上選手や武田選手、長塚さんが普段から口にされてる言葉ですよね?
    • 元選手
    • 2014/01/01 2:41 PM
    >番手すんなりさん
    グランプリ、現地で金網にしがみついて観戦してきました。大きな動きには表れなかったですが各選手の細かな駆け引きは随所に見る事が出来て、私は見ていて息が詰まるほどでした。車券はかすりもしませんでしたが・・・。

    パッと見て判るような動きが出難いのも今の大ギア化のレースの特徴ではないでしょうか?その中での細かい駆け引き等を伝えられるように映像の見せ方を考えたり実況・解説の方法を考えたりしていく必要はあるかと思います。そういった点も含めて“改革”が必要でしょうね。
    • やまぎし
    • 2014/01/01 2:56 AM
    面白いですね(^○^)
    今の競輪をつまらなくしている張本人たちが脱退するとはww
    昨日のグランプリ見ても思いました
    あんなレースじゃファンなんて増えんよ?
    個人的には脱退した人たちにはもうレースに出れないようにして欲しいです。
    どの業種でも上に逆らったらクビ。
    けじめはつけて欲しいです。
    • 番手すんなり
    • 2014/01/01 12:47 AM
    >橋本さん
    なるほどタイムですか!
    おそらく選手にすれば持ちタイムというのはあまり気にならない指標ですね。しかし“ケイリン”となり横の動きが制限される状況では持ちタイムというのは予想の参考になり得ますね。

    それらはJKAを始めとして業界全体で考えて行かないといけませんね。競輪が少しでも良い方向に向かう事を願っております。

    >だいこんさん
    売上が下がると賞金を下げるか選手数を減らすしかないですから、その問題を解決するには売上を上げるか他に収入を得る(レーススポンサー等)しかないと感じます。

    今回の動きはその為の動きだと私は感じています。選手会の中には下位選手を切り捨てる考えだと勘違いしてる人達もいるようですが、今のままでは縮小は止まらないです。

    競輪が盛り上がってくれる事を切に願っております。
    • やまぎし
    • 2013/12/31 1:05 PM
    >せいじさん
    競輪を知らない人達にアピールして振り向いて貰わない事には今の縮小傾向は止められません。彼らにチャンスを与えてあげて欲しいと願うばかりです。

    >四ツ木さん
    競輪場から数キロしか離れていない小学校に通う息子が“お父さんの仕事は競輪選手”と友人に言ったら何人かの子が“何それ?”と言われたと聞いた時にやはり悲しかったです。賞金や知名度を含めたステータスを上げて行く事は非常に大切だと感じます。その賞金を上げるには売上を伸ばしていかないとできません。私にできるのは子ども達にバンク走行などで競輪場を身近に感じて貰う事などだと思うので、それをやって行きたいと思っています。



    • やまぎし
    • 2013/12/31 12:51 PM
    競輪選手の賞金が高いって何の冗談ですか?
    僕自身が打ち始めた十何年前なら夢のある職業だったと思うけど、今は僕や僕の周りではむしろ同情の対象ですよw
    打つほうとしてももっと一人当たりの賞金を上げて魅力のある職業にして欲しいけど、売り上げが下がってる中そうするには選手数削減は避けて通れないし、ss11やjkaが積極的にそっちへ舵切るならぜひ応援したいですね。
    今の賞金体制なら才能ある奴もリーマンや公務員へと向かうの多そうだし、実にもったいないと思う
    やっぱり夢ある業界にして、才能ある奴らに来てもらって熱いレースを見せてもらいたい
    魅力あるコンテンツじゃなきゃ寺銭分割りにあわんもんw
    • だいこん
    • 2013/12/30 2:10 PM
    競輪の入口として、ケイリン
    僕も全く同感です。

    ただ、これは車券を買う立場からの考えですが、レース形態が違ったものになる中で、予想する為の材料にどんなものが必要なのか?

    これをしっかりと議論する必要があると思います。

    国際ルールのケイリンで車券を売るとして、僕が考える、最も必要な予想に際しての材料は
    ボートレースの展示タイム
    オートレースの試走

    にあたるものです。

    これが買う側からすると
    一番重要な判断材料になるはずです。

    しかし、モータースポーツと違い
    選手紹介にあたるレース約20分前に

    例えば、試走の200mFTTなど、選手からすれば言語道断でしょう。
    しかし、初心者の方でも分かりやすい
    何らかの形でのタイム表示は絶対に必要だと思います。

    そこをどうするのか?

    平均上がりタイムなどでOKなのか?どうなのか?

    本来であれば、こういったことを、ガールズケイリンを行うときにしっかりと議論して欲しかったです。

    レース形態が違えばお客さんが求める情報も違って当然。
    では、どんな情報を提供すればいいのか?

    車券を売る以上、ここは絶対におろそかにしてはいけないところだと思います。

    でも、完全にこの発想が抜け落ちてるんですよね。

    ガールズのルールは違うけど
    出走表に書かれてるデータは一緒って…
    何故そうなるのかな?と前からずっと思ってました。

    新しい取り組みは大事です!
    でも、車券を買う人達がいて成り立つものである以上、その視点をおろそかにすれば、未来はありません。

    心からそう思っています。




















    • 橋本悠督
    • 2013/12/30 1:27 AM
    若い客を呼び込むには子供に競輪を認知させることが必要ですね。
    ギャンブルを子供に宣伝するなんて憚られるなどとおっとり構えている場合ではないです。
    賞金の高さをアピールし、競輪選手を小学生が憧れる職業にすべきです。
    子供の頃に輝かしい競輪のイメージがあれば、競輪と無縁の職業に就いたとしても、ふと思い出して競輪場に来場してくれることでしょう。
    味覚は子供のにけ定着するから子供を呼び込めば大人になっても来店してくれるという戦略からマクドナルドは子供向け商品に力を入れているようですから。
    そのくらいの中長期的戦略が必要です。
    • 四ッ木
    • 2013/12/29 11:41 PM
    僕はただの一ファンです。どうすることも出来ませんが競輪は大好きです。ポテンシャルを持っているのに活かしきれないことに空しさも感じています。
    今のままでは駄目なのは誰が見ても分かっているはずです。今回の動きの目的が競輪を守るためならファンはついて行くでしょう。
    とにかく生きがいである競輪が無くなるのだけは避けてもらわないと…。
    お兄ちゃんが競輪をそこまで思ってくれてはるとは思いませんでした。嬉しいな。

    • せいじ
    • 2013/12/29 7:03 AM
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM