2016競輪カレンダープレゼント

0
    2015年も大晦日になってしまいましたね。相変わらずブログの更新は滞ってますが、元気にしております。

    大変遅くなりましたが、今年も競輪卓上カレンダー(京都Ver.)のプレゼント企画を行いたいと思います。



    京都向日町競輪場に所属する競輪選手全員が載っていて自転車競技にも積極的に参加する京都支部らしい?カレンダーに仕上がっています。

    先着10名様+αです。


    〜応募方法〜
    下記アドレスにメールにてご応募下さい。

    infoアットmasanoriyamagishi.net
    ※アットを@に換えて入力して下さい

    件名に「競輪カレンダー希望」と書いてご住所(郵便番号も忘れずに)、お名前を忘れずにご記入ください。

    発送をもって当選のご連絡に代えさせて頂きます。


    12月31日午後11時15分
    ご応募誠にありがとうございました。定数に達しましたので締め切らせて頂きます。



    昨日のKEIRINグランプリを京王閣競輪場へ観戦&京都勢の応援に行ってきました。

    京都の2人から優勝者は出ませんでしたが、各選手がそれぞれの力を出し合いさすがトップ選手達と思えるような気迫と瞬時の判断力を見せてくれた素晴らしいレースだったと思います。

    2016年は自転車競技と競輪の魅力をより多くの人に知ってもらえるように活動していきたいと思います。新幹線車内より

    フェイスブック https://www.facebook.com/masanoriymg

    Twitter @masanoriymg
     

    2015 向日町競輪カレンダー プレゼント

    0
      2014年も残りわずかとなってきましたね。
      選手時代から続けていたこのブログもほとんど更新する事もなくなり・・・そろそろ辞めようかとも思っているのですが、とりあえず毎年行っている向日町競輪カレンダーのプレゼントをさせて頂こうと思います。
       
      先ほど、京都競輪選手会事務所へ顔を出した際に2015年卓上カレンダーを頂いてきました。京都・向日町競輪場の近くの方は競輪場への来場者プレゼント等で手にすることも可能なのでしょうが、遠方の方だとなかなか手に入れることも出来ないのではないかな?と思いわずかながらも毎年個人的に続けている次第であります。

       

      〜ご希望の方は下記アドレスにメールでご応募下さい〜

      infoアットmasanoriyamagishi.net(アットを@に換えて入力して下さい)

      件名に“向日町カレンダー希望”と書いてご住所(郵便番号も忘れずに)、お名前を忘れずに記入してください。
      発送を持って当選のご連絡に変えさせていただきたいと思います。先着10名様です。
      (個人情報は今回のプレゼント発送以外の目的では利用しません、発送後すべて消去いたします)
      12月25日PM11:28 予定数に達しましたので締切とさせて頂きました。ありがとうございました。

      仕事の合間をぬって発送作業をしたいと思いますので、発送までに少々お時間ください。毎年10名と言いながら10数名様に送らせてもらっています。
       



      もうすぐ競輪界最大のレース“グランプリ”です。
      今年は大阪・岸和田競輪場で開催されます。誰が競輪界“最強”の称号を手に入れるかドキドキしてきています。京都からも村上兄弟が揃って出場します。ぜひとも熱いご声援を皆様にもお願いしたいと思います。
      私も30日は現地へ応援に行きます!

      KEIRIN レース 

      0

        先日、競輪場で行われた自転車交通安全イベントに地元競輪選手会の選手たちが協力。その際、デモンストレーションにてケイリン競走をするという話を聞いていたので・・・・
        カメラを選手達の自転車に付けて貰ってレースの様子を撮影してみました。

        こだわったのは、「撮影の為」に走ってる映像ではなくて「ガチ」で走ってるところの映像であること。競技用自転車で実際の競輪とはレース展開も多少異なりますが、選手が走ってる時に見えている視界や選手の踏み込むタイミングなども良く見ればわかります。それこそ、走っている選手はデビュー前の新人・A級・S級・SS級とほんとにレベルもバラバラなんですが、そのランクの違いが走りの中にも表れています。
        あえて選手名は書きませんが、上位選手の上位たる所以が走りの端々に表れています。また機会があれば撮影して行きたいです。

        わからない・・・

        0
          選手会脱退騒動に対する内部制裁が発表となった。1年〜半年の自粛休場勧告。

           
          当該選手達は受け入れを表明しているので、彼らがそこに意見する事はないのだろうけど・・・本当にこれで良いのか?選手会は落としどころを誤ったと強く感じる。処分を受ける彼らの為ではなくファンを含めた競輪の為にこれで良いのか?

          選手会内部のイザコザで世間を騒がしたという事になるのであるが、佐久間理事長はじめ執行部の方々の責任問題についてどのメディアも触れないのは何故なのか?これだけの選手たちに対して処分を与えるのであれば、その影響に対して組織のトップとしての責任は少なからずあるのではないか?
           
          私は競輪選手として13年間登録していた。その中で9年間支部役員になり選手会総会へも支部の代表として出席もしていた。その経験の中で「この団体は内部から変える事は不可能」という確信を持った。その思いは今でも変わらない。
          いろんな事が頭の中に浮かぶが今一つまとめる事が出来ないでいる。

          “けん玉”と“ケンダマ” “競輪”と“ケイリン”

          0
            ちょっと話題の“けん玉”について・・・最近テレビでもちょくちょく特集されたりしてる“けん玉”・・・
             
            昔ながらの“けん玉”が海外で火が付き日本に“ケンダマ”として逆輸入された感じでしょうか。今までの常識を覆し自由な発想で新しい技を繰り広げ若者たちが楽しんでいます。

            日本には“一般社団法人日本けん玉協会”という団体があり“けん玉”の普及や技の検定を行ってきました。協会にとって自分たちが築きあげてきた様式を無視したかのような“ケンダマ”は最初どのように映ったのだろうか?


            協会は異質の文化である“ケンダマ”を排除するのではなく認める事で“けん玉”の普及・啓蒙を行っていく事を選んだようです。“ケンダマ”が取り上げられる番組の告知を協会HPにて行っている事からもその事がうかがえます。
             
            けん玉協会が検定に使うけん玉には協会の認定シールが貼ってあります。検定を受けるにはこのシールの張られたけん玉を使わなければいけません。


            左:協会認定けん玉  右:海外製ケンダマ

             
            北欧家具で使用される木材を使い風合いのある“ケン”と独特のカラーリングが施された“タマ”・・・製作者は“認定けん玉”をリスペクトし姿形は真似つつもオリジナルのケンダマを作り上げたのです。


            シルエットは全く同じなのですが、全然違いますよね。この違いが若者に受け入れられるかどうかの違いだと感じます。
             
            “けん玉”で遊んだ事もない若者たちが“ケンダマ”に触れ遊ぶ事で“けん玉”の検定なども盛り上がるのではないでしょうか?
            “競輪”と“ケイリン”もこのように共存して互いに伸ばしていければ良いのに・・・
             
            “けん玉”と“ケンダマ”を見た時になんか競輪界と似てる部分があるなぁ、と感じたのでちょこっと書いて見ました。
             
            ちなみに、動画の中で“ケンダマ”の技を披露しているKENDAMAN(キン肉マンのキャラクターじゃないよ)ことNOBさんは京都向日町競輪場での場内イベントでMCをされたりもしています。日本に“ケンダマ”を広めたパイオニアです。

            2014競輪カレンダー(京都ver.)プレゼント 

            0
              例年の卓上カレンダーと違いポスターカレンダーとなったので発送方法を悩んでいたのですが
              郵便局に丸めて送れる箱が売ってるようなのでそれが使えそうです。

              という事で、今年も“競輪選手会京都支部カレンダー2014”プレゼントをやりたいと思います。京都支部のカレンダーなので向日町競輪場でしか配ってないのかな?もしくは京都の競輪選手に知り合いがいるとか・・・。

              沢山のご応募ありがとうございました。 2014年1月21日 締め切らせて頂きました

              ご希望の方は下記アドレスにメールでご応募下さい。


              infoアットmasanoriyamagishi.net(アットを@に換えて入力して下さい)

              件名に“向日町カレンダー希望”と書いてご住所(郵便番号も忘れずに)、お名前を忘れずに記入してください。

              発送を持って当選のご連絡に変えさせていただきたいと思います。先着10名様です。


              (個人情報は今回のプレゼント発送以外の目的では利用しません、発送後すべて消去いたします)

              仕事の合間をぬって発送作業をしたいと思いますので、発送までに少々お時間ください。毎年10名と言いながら10数名様に送らせてもらっています。
               
              今年も京都の競輪選手を始め、競輪を一緒に応援して行きましょう!!!よろしくお願いいたします。

               

              昨日(1月21日)、梱包し全国に向けて発送いたしました。お手元に届くまで今しばらくお待ちください。
              郵便局でポスター発送用の箱が売ってたので購入したのですが、そのままのサイズだと定形外での発送が出来ず箱を切り貼りしながらサイズ調整したので少々箱が不細工になってしまいましたがご了承ください。来年はまた卓上カレンダーにならないかぁ・・・

               

              カレンダー2014

              0
                毎年、競輪選手会京都支部が作る支部員の写真入りカレンダープレゼントをブログ上で行っていたのですが・・・
                 
                今年のカレンダーはポスター形状の1枚モノ。昨年までの卓上カレンダーですと封筒に入れて発送出来たのですが、ポスターとなると・・・う〜ん、どうしよう。クルクルと丸めて入れる筒状のケースって売ってたような。

                毎年、沢山の方にご応募頂いてるので今年もお配りしたいのですが・・・ご要望があれば頑張ろうかな?と思います。

                競輪の未来

                0
                  今、競輪界で起きてる事に関して個人的な思いを書きたいと思います。

                   
                  事の始まりはこちら。現在の競輪界のトップ選手達が加入していた選手会を脱退するとの発表をしました。そして、それに対して選手会が取った対応がこちら。アクションを起こした選手全員の“除名”を今後行う方向であると発表。

                   
                  何がトップ選手たちを動かしたのか?それは“競輪”の未来への危機感だと思います。


                  年間売上が2兆円に迫ろうとしていた業界が今や3分の1で下げ止まっていません。競輪場もドンドンと潰れていっています。それに伴い選手数も4500名から2700名を切るところまで来ています。競輪ファンの平均年齢も毎年上がり続けています。選手引退後、競輪観戦に競輪場に何度か行きましたが、場内に来られている競輪ファンの方は皆さん高齢の方ばかりでした。このままなら“競輪”の大幅縮小もしくは廃止は避ける事は出来ません。

                   
                  “競輪”がこのままでは危ない現状で何らかのテコ入れが必要なのでしょうが、遅々として話は進んでいきません。それに対する危機感に動かされトップ選手達がアクションを起こしたのだと私は感じています。

                   
                  彼らがまだ具体的な話をしている訳ではないですが、競技としての“ケイリン”を取り入れて行きたいとの事を言っています。これに関して“競輪”をすべて“ケイリン”にするかのような誤解を持たれている方が多いようですが、私はそうは感じませんでした。既存の競輪ファンに“競輪”ではなく“ケイリン”を押し付ける話ではないと思います。今の競輪は大ギア化が進み、ライン戦の中でそれぞれの選手が持ち味を出し辛くなってきています。今までの“競輪”の面白さが減少したと感じるファンの方も多いと思います。“競輪”と“ケイリン”をどちらも一つの枠組みの中で融合させようとした弊害だと思います。それなら思い切って“競輪”と“ケイリン”を分けてしまえば良いのではないか?いきなり理解するのが難しい“競輪”の入り口として“ケイリン”をしていったらどうだろうか?というような主張に感じています。とにかく“新しいファン層の獲得”は競輪界にとって急務なのです。

                   
                  これには私の今の立場からも大賛成です。私は現在、自転車競技(特にトラックレース)の普及を目指して関西トラックフェスタというシリーズ戦をしています。それには毎回100名ほどの自転車愛好家の方が参加されています。ですが、そのほとんどの方はおそらく競輪を生で見た事がない方達ばかりです。同じ自転車を使ってする競技が同じ競技場を使い行われているのに・・・こんなに勿体ないことはありません。愛好家の方たちが行っている同じルールでレースを行う事でそういった方達の関心を引く事が出来るのではないかと思います。競輪選手のレベルの高い走りを一般の競技者・愛好家の方達が見る機会があると言うのは自転車競技にとっても大きなプラスとなるでしょう。そして、そのレースの参加者の中に競輪選手やガールズケイリンの選手になりたいと言ってくれる子どもたちもいます。選手の育成という事だけではなく“競輪”という言葉を知ってくれている子どもが増えるという事は大切な事なのです。

                   
                  選手会から脱退する事無く中で役員等になり改革を進めて行くべきであるという意見も多くあると思います。まさにそれが正論です。私も現役時代、選手会制度に問題を多く感じていましたし選手会が競輪界の諸問題に対してネックになっている事も感じていました。そして、支部役員を経て本部総会に支部を代表して参加する為に副支部長にもなりました。でも、その時に感じたのは“この組織は中からは変える事が出来ない”という事でした。約60年かけて作り上げられた組織に洗脳され続けている選手の意識改革というのはコツコツとやっていて出来る話ではありません。

                   
                  そして、非常に怖いと感じるのは選手会の“除名”にしようという短絡的な考え方です。過去、犯罪を犯し競輪選手としての資格を失った選手がいましたがそんな人間でさえ“除名”にする事無く通常の“退会”で処理していました。今回の件で、競輪を統括するJKAは“レース出走に対して問題はない”との見解を示していますし、選手会批判というよりも競輪を何とかして盛り上げて行きたいという思いで動いた彼らに“除名”という判断をしてしまうシステムにそれこそ競輪界の改革に柔軟に対応できる思考能力があるとは感じれません。

                   
                  私は、今回のこの動きは競輪界を変える最後のチャンスだと感じています。“競輪”を守る為に“ケイリン”を取り入れ、今回の騒動すら知らないような人たちに競輪場に来てもらうようにならないと私が好きな“競輪”を守れないんです。だから彼らの今回の動きを応援していきたいと思っています。“競輪”はコンテンツとして最高のポテンシャルを持っていると信じています。競輪ファンの皆さんであればその魅力は理解して頂けると思います。まだまだやれる余地があるなら、やれるだけの事はやってもらいたいです。

                  初心者講習会

                  0
                     日曜日、向日町競輪場にてロードレーサーの初心者講習会を行いました。

                    学生時代の先輩のショップからの依頼を受け選手会京都支部にも協力をして頂いた形で実現しました。昨今の自転車ブームで急激に増えた“自転車愛好家”がレースイベントに参加し“落車”する事態が多発してるので、何とかしないといけないよね、と言うのが事の発端です。

                    競輪場で選手会が開いている“愛好会”の日程に合わせて、バンク内にある陸上トラックを使い一本橋やスラロームなどの内容を行いました。普段、子供向けの自転車教室“ウィラースクール”で行っているカリキュラムと同じです。ウィラースクールで子供向けに行ってるスクールを見たことのある人は、“大人だったらそれぐらい出来るだろう”という思いを持たれていたかも知れません。

                    しかし、実際に行ってみると枠からはみ出すわ、一本橋から脱輪するわで、意外と難しいという事を“体感”して貰えたと思います。

                    “大人向け”なので、それぞれの課題が“何に必要”なのかを先に説明しました。まっすぐ走る、思い通りのライン取り、決められた場所で止まる、基本はこの3点です。皆さん、競技用の自転車を乗っておられる方々だったので、この課題がレースのどの場面で必要となるのかを合わせて説明させて貰いました。

                    約2時間でしたがあっと言う間に過ぎてしまいました。定期的に行いたいと思います。

                    こういう講習会を行うのに競輪場は本当に最適な場所だと思います。レースで必要な技術として“並走”があります。一般公道ではなかなか並走の練習は出来ません。その点、競輪場であれば、並走に何の問題もありません。全国の競輪場でこのような講習会がドンドン開催されればロードレースのレベルも上がると思います。競輪場の競輪以外での稼働率もあがり公共の“福利厚生”施設としての地位も認知されるようになるのではないでしょうか???

                    サーバー移転

                    0
                       サーバー引っ越しで過去の文章は移項できたのですが、画像は・・・

                      数枚ずつUPしていかないといけないのか???メンドクサイなぁ。

                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM